傷病手当金とは

傷病手当金は病気などの休業中に会社から給料をもらえない人の
生活を保護するためのもので、病気や怪我、うつ病などの精神的な
病気も含めて保護するための手当です。

傷病手当は健康保険協会に健康保険傷病手当金支給申請をする
必要があります。

傷病手当金を受けるためには、まず3日間連続で病気や怪我に
よって休んだ事が条件で、4日目以降の休んだ日に対して支給
されます。
この期間に会社から傷病手当金を越える額の報酬を受けた場合は
傷病手当金は支給されませんから注意が必要です。

傷病手当金は基本的には標準報酬日額の3分の2に相当する額が
支給され、会社から報酬を受けたり、障害厚生年金を受けた時や
退職後に養老厚生年金などの年金を受けている場合は、傷病手当金
との差額について支払われます。

また、傷病手当金を受け取れる期間については限度があり、
支給開始から1年6ヶ月までしか支給されません。

傷病手当は請求し忘れていても2年間までは全額支給を受けられます。
傷病手当は基本的に健康保険の資格が無ければ利用できませんが、
会社を退職する時点で傷病手当を受け取っている場合は、
最長で1年6ヶ月まで継続して傷病手当を受け取ることが出来ます。

傷病手当金は任意継続では受けられないようになっています。
注意してください。


控除と手当 減らせ税金・増やせ収入!MENU

Copyright (C) 2008 控除と手当 減らせ税金・増やせ収入!. All Rights Reserved.