配当控除とは

配当控除とは日本国内に本社がある法人から受ける配当や分配が
ある場合に一定の税額控除が受けられる制度です。

具体的には、株式などの配当や証券投資信託の収益分配などが
上げられます。

ただし、全ての配当や収益が配当控除の対象になるわけでは
ありません。
下記のような場合には配当控除の対象になりません。

・外国法人からの利益配当(外国株式等)
・国内、国外の私募公社債等運用投資信託の収益分配
・各種基金利息
・ETF(外国株価指数連動型特定株式投資信託)の収益
・特定外貨建等証券投資信託の配当
・特定目的会社からの配当
・特定目的信託からの収益分配
・投資法人からの配当
・確定申告不要制度を選択したもの
などがあります。

配当控除を受ける場合の費用は下記の計算で算出できます。
・課税総所得が1千万円以下のとき下記の合計で計算します。
  配当所得×10%
  証券投資信託の配当所得×5%(特定外貨建等証券投資信託以外の
   外貨建証券投資信託の収益の分配については2.5%)

・課税総所得が1千万を超える場合
  通常は1千万円までは5%控除、それ以上は10%を控除します。
  詳しくは所得税法92条および120条を参照ください。
  また租税特別措置法8-4、8-5、9,31,32,37-10,41-14を確認してください。

控除と手当 減らせ税金・増やせ収入!MENU

Copyright (C) 2008 控除と手当 減らせ税金・増やせ収入!. All Rights Reserved.