配偶者特別控除とは

配偶者特別控除は配偶者に38万円以上の所得がある場合に対象に
なる控除です。
配偶者が38万円以下の所得の場合には配偶者控除が適用されて
控除の対象になりますが、それ以上の収入があった場合、適用される
控除です。

配偶者特別控除は6つの要件を満たしている必要があります。
・控除を受ける人の合計所得が1千万円以下である
・法律上の配偶者である(内縁や事実婚は無効)
・生計をひとつにしている
・青色(白色)申告事業専従者として給与をもらっていない
・他の人の扶養家族でない
・年間の合計所得が38、万円超76万円未満である

一昔前に比べて配偶者特別控除は厳しくなっています。
うけられる控除の額は最高で38万円で、配偶者の収入に応じて
受けられる控除の額は少なくなっていきます。

38万円超40万円未満    38万円
40万円以上45万円未満   36万円
45万円以上50万円未満   31万円
50万円以上55万円未満   26万円
55万円以上60万円未満   21万円
60万円以上65万円未満   16万円
65万円以上70万円未満   11万円
70万円以上75万円未満   6万円
75万円以上76万円未満   3万円
76万円以上        0円

76万円以上になったところから一律で0になります。

この配偶者特別控除は夫婦どちらも収入が少ない場合、
どちらも配偶者特別控除の対象範囲に入ることがありますが
どちから一人しか配偶者特別控除を受けることができせん。
気をつけましょう。


控除と手当 減らせ税金・増やせ収入!MENU

Copyright (C) 2008 控除と手当 減らせ税金・増やせ収入!. All Rights Reserved.