配偶者控除とは

配偶者控除というのは、税金を納める人に配偶者がいて、なおかつ
一定の条件を満たした場合に、所得控除が受けられる制度の事
です。

配偶者控除を受けるためには4つの要件を満たしている必要が
あります。

・法律上の配偶者であること(内縁や事実婚は認められません)
・生計をひとつにしていること(財布が一つ)
・年間の総所得が38万円以下
・青色(白色)申告事業専従者として給与をもらっていない

4つめは故人事業を行っている場合を除いては対象になりません。
配偶者控除の金額は4種類あります。

通常の配偶者控除の場合は38万円が対象になります。
配偶者が障害者の場合は73万円が対象になります。

さらに配偶者が大晦日の時点で満70才以上の場合は、
通常で48万円が対象になり、さらに満70才以上の
配偶者が障害者の場合は83万円が配偶者控除の対象になります。

配偶者控除は配偶者の年収が38万円以下で無いと受けることが
できない時でも配偶者の所得が38万円超76万円未満の時には
配偶者特別控除をうける事ができる場合もあります。

配偶者控除の対象に入らなくても配偶者特別控除の対象に
なることもありますから、一度配偶者特別控除の項も
参考にしてみてください。


控除と手当 減らせ税金・増やせ収入!MENU

Copyright (C) 2008 控除と手当 減らせ税金・増やせ収入!. All Rights Reserved.