医療費控除とは

医療費控除というのは、簡単に言えば医療費を支払った時に
一定の金額について所得控除が受けられる制度のことです。

医療費控除の対象になるのは本人とその配偶者や生計を同じく
している親族のために支払った医療費が医療費控除の
対象になります。

控除の対象になる期間は1月1日から12月31日までの一年間を
対象にしています。

ちなみにこの医療費控除は最高で200万円までが控除対象と
なり、下のような計算式で計算して算出されます。

医療のために掛かった実費−保険(生命保険・高額療養費等)−10万

医療費控除で大事なのは、実際に掛かった費用が控除の対象に
なるわけでは無く、そこから生命保険や高額医療費制度、他にも
出産育児一時金など受け取った金額を差し引いて計算します。

ちなみに最終的に医療費控除を計算する時に引く10万円は
一律では無く、年間の総所得が200万円未満の場合は、総所得の
5%を差し引きます。
つまり年間総所得が100万円なら100万×5%=5万円を引いて
計算します。

医療費控除を受ける際にはこれらの医療費で掛かった領収書などを
確定申告のさいに提出する必要があります。

医療費控除を適切に受けるためにも、病院等でもらう領収書などは
大切に保管しておく必要があります。
また、保険会社などから受け取った金額なども明細を必ずおいて
おくようにしましょう。


控除と手当 減らせ税金・増やせ収入!MENU

Copyright (C) 2008 控除と手当 減らせ税金・増やせ収入!. All Rights Reserved.