失業手当とは

失業手当は失業保険に加入していれば失業の際に利用できる
手当です。

失業手当をもらうためには、最低加入期間が12ヶ月以上あることが
条件です。
以前は6ヶ月で受けられた失業手当ですが現在は会社都合退職者に
関してのみ6ヶ月の加入で受給資格が受けられるようになっています。

失業手当は、失業する直前6ヶ月間にもらっていた給料の平均を
使って算出します。
このときに使われる計算式は賃金日額=退職前6ヶ月の給料÷180
で1日あたりの賃金日額が出ます。

そこから出される基本手当日額については、離職時の年齢と
賃金日額によって変わってきます。

退職前にもらっていた給与の50%〜80%の間が手当の金額きまります。

また、失業手当で重要なもらえる期間についてですが大きく
90日から330日まで大きく開きがあります。

これは自己都合で退社したか会社都合で退社したかで違って来ますし
失業保険に加入していた期間によっても異なります。

自己都合で退職した場合は、年齢による違いは無く、10年未満で90日、
10年以上20年未満で120日、20年以上で150日が給付の期間になります。

肝心の会社都合で退社した場合は、年齢と加入期間で大きく違ってきます。

      1年未満  1〜5年未満  5〜10年未満 10〜20年未満 20年以上
30才未満   90日   90日    120日     180日
30〜35才未満 90日   90日     180日     210日     240日
35〜45才未満 90日    90日     180日     240日     270日
45〜60才未満 90日    180日     240日    270日     330日
60〜65才未満 90日    150日     180日    210日     240日


控除と手当 減らせ税金・増やせ収入!MENU

Copyright (C) 2008 控除と手当 減らせ税金・増やせ収入!. All Rights Reserved.