扶養手当とは

扶養手当は地方自治体から支給される主に母子家庭に向けた
児童扶養手当と会社で任意に支払われる扶養手当があります。

児童扶養手当とは、離婚やしべつなどによって父親の養育を受けられない
子供を扶養する人に支給される手当の事です。

実際に受けられるのは18才になって最初の3月31日までで、用件を
満たしている時に、その保護者に支払われます。

反対に児童扶養手当が受けられなくなる条件があります。
日本国籍で無くなった場合や年金や労災などを受給できるように
なった場合は、対象でなくなります。
また、児童が里親に委託されたり母親が再婚した場合などは
対象でなくなります。

児童扶養手当は8月1日に現状報告する必要があり、報告を忘れると
それ以降児童扶養手当がもらえない事態が発生します。

さらに2年にわたって申告をしないと時効になり以降もらえなく
なってしまいますから注意が必要です。

また、児童が障害者である場合には、児童扶養手当とあわせて
特別児童扶養手当が受けられます。

特別児童扶養手当は児童扶養手当とは独立したものと考えられ
金額や限度額も別途もうけられています。

会社などの扶養手当は特に法律上の規定があるわけでは無いため、
金額や内容などは就業規則や賃金規定に準じて決められます。

金額なども全て就業規則や賃金規定に沿って決められるため
もらう時になって、多い少ないの話は出来ません。

入社前にきちんと確認しておきましょう。


控除と手当 減らせ税金・増やせ収入!MENU

Copyright (C) 2008 控除と手当 減らせ税金・増やせ収入!. All Rights Reserved.